となりの花は赤い

(となりのはなはあかい)
他人が持っている物は、うらやましいという気持ちから実際よりも良いものに見えるということ。
「なんだか君の使っている参考書、すごく分かりやすそうだね。僕もそれを買おうかなあ」「あはは、となりの花は赤いだね。君のだって十分分かりやすく書いてあると思うよ。もう少しそれを使って勉強してみたら?」