早起きは三文の得

(はやおきはさんもんのとく)
朝だらだらと寝ているよりも、早起きして活動した方が何かと良いことがあるということ。
「三文」とは一文銭三枚分の金額。「得」の代わりに「徳」という漢字を使ってもよい。
土曜日の朝、何だか早く目が覚めたので週末の宿題を終わらせたら、起きてきたお父さんがとても誉めてくれて、遊園地に連れて行ってくれることになった。早起きは三文の得だ。